TOP患者さんからのお手紙 > 平成29年2月 T・Hさんからのお手紙

患者さんからのお手紙

平成29年2月 T・Hさん 38歳(初診時) 冷えと瘀血、ガスを改善して妊娠

一昨年前のクリスマスの日に初めて先生の所へ行き、長年の不妊治療をしていた私にお薬を出してくださいました。話をして、私を見ただけで、何が原因なのか簡単にわかってしまったようです。今までなぜ私には赤ちゃんができないのだろうか・・・と悩んでいたので、半信半疑ながら信じて半年、妊娠することが出来ました。

今でも自分が妊娠して出産できたことが、不思議に思うぐらいです。だんだんお腹が大きくなり、胎動を感じ、母親になれる幸せを感じながらのマタニティ期はとても幸せでした。 そして赤ちゃんに会えて、毎日毎日、幸せを感じています。
先生にお世話になれたこと、本当に感謝しております。

─この方への治療─


結婚歴5年9ヵ月。採卵7回、体外受精で4回移植を試みるも妊娠に至らず。高度生殖医療との併用を視野にいれながら妊娠したいと来院。疲れやすく寒がりで冷え性。生理は順調。身長167cm、体重56kg。食欲は普通、湯水は5~6杯ほど。便通は1日に1回。小水1日5~6回。

腹診をすると、冷え性でガス腹であることから、まず当帰四逆湯および折衝飲を投与。4ヵ月ほど服用すると、ガス腹の改善がみられお腹の状態が良くなってきた。そのタイミングで移植し妊娠された。妊娠後は流産予防の芎帰膠艾湯及び、つわり止めの小半夏加茯苓湯を服用。順調に経過し無事に男児を出産された。
(服用期間4ヵ月)



<前の手紙 | 次の手紙>


このページのトップへ