TOP患者さんからのお手紙 > 患者さんからのお手紙(平成30年 12月)

患者さんからのお手紙

不妊症 患者からの出産報告掲示板

R・Mさん 42歳(初診時) 人工授精3回体外受精4回の不妊、漢方服用後の移植で妊娠

寺師碩甫先生
銀座玄和堂診療所の皆様

今春、娘を無事、出産することが出来ました。産後、赤ちゃんのお世話に精いっぱいで、なかなかお礼を申し上げることができず、遅くなり申し訳ありません。

なかなか授かることができず、知人にこちらの診療所を教えてもらった事がきっかけで来院いたしました。先生のお話を聞いて、とても希望がわいてきたのを覚えています。

処方されたお薬を飲み始めると、すぐに便通が良くなり、効いてくるのには、もっと時間が掛かると思っていたわたしは、驚きました。そしてその後のすぐの治療で授かることができました。

妊娠中も出血で不安な気持ちになった時も、流産止めのお薬をだしていただき、妊娠高血圧症候群の傾向がみられた時も、食事に気を付けながら、漢方を飲み続け、出産まで入院することなく、赤ちゃんをお腹の中で育むことができました。

更に産後、母乳の出が良くなるお薬を処方して頂き、本当に心強く、感謝の気持ちでいっぱいです。赤ちゃんがうちに生まれてきてくれて、日々、幸せな気持ちを感じさせていただき、本当に感謝しています。大変お世話になりました。ありがとうございました。

最後になりましたが、冷え込む季節になりましたので、どうかご自愛くださいませ。


─この方への治療─


腹診をすると、瘀血圧痛点がみられ冷え性でもあることから、血府逐瘀湯を投与。翌月、体外受精にて妊娠したと報告がありました。この患者さんは、漢方を服用しはじめて1週間ほどの移植で妊娠しました。
当院では年に数人、長らく不妊症の治療を行ってきた方で、当院の予約を取って精神的に落ち着いたためか、それで妊娠する人がいます。精神的な面が現れるのが生理であり妊娠です。
この患者さんは、妊娠中も最後まで「当帰芍薬散(安胎さん)」を服用し、元気な赤ちゃんを出産されました。出産後は母乳のために「蒲公英湯」を処方しました。


お手紙 一覧を見る