TOP患者さんからのお手紙 > 患者さんからのお手紙(令和2年 1月)

患者さんからのお手紙

不妊症 患者からの出産報告掲示板

W・Iさん 37歳(初診時) 原因不明の不妊、結婚6年目で待望の我が子を妊娠・出産

玄和堂診療所 寺師先生 スタッフの皆様へ

ご無沙汰しております。出産後すぐにご連絡できず、すみませんでした。今は育児に奮闘中の毎日です。

知人の紹介で貴所を知り、東京まで行くのはいろいろと決意がいりましたが、結果、漢方に挑戦してみて本当に良かったです。

約2年間飲み続け年齢的にも、体外受精するのは今しかないと思い、1回目で無事妊娠できたのは、漢方で体を内側から整えたことが大きいと振り返ってみてそう思います。妊娠後も体が不調の時は送って頂いた漢方を飲むことで精神的に安定して過ごすことができました。

結婚後5年間できず6年目で授かることができましたが、正直漢方を飲み続けてもできない時は落ち込むこともありました。でもいただいた本を読み返して力を得たり、送って頂いた漢方に祈り、願いを込めて飲み続けていました。

出産は子宮口の開きがよくなくて、胎児の心拍も下がった時が数回あったので、緊急帝王切開になりましたが、無事に産声を聞くことができた時は、涙が溢れました。本当に感動しました。

今日から2か月目になり、今は一緒に3人で外出できることが本当にうれしい限りです。信じて挑戦してみて本当に良かったです。

先生、スタッフの皆様方、本当に有難うございました。


─この方への治療─


卵管造影検査、着床検査など不妊の検査では特に問題がなく、漢方で体を整えて妊娠したいと来院された。腹診すると瘀血が認められることなどから、まずは血府逐瘀湯を投与。
半年ほどすると瘀血の症状であるPMS(月経前症候群)が消失、生理痛や生理の塊もほぼなくなり、お腹が軟らかくなってきたので、血府逐瘀湯と当帰芍薬散を交互に服用することとした。同薬方の服用を続け、初めての体外受精にて妊娠された。妊娠後は流産予防に芎帰膠艾湯を服用。帝王切開で無事男児を出産された。(服用期間1年11ヶ月)


お手紙 一覧を見る