TOP患者さんからのお手紙 > 患者さんからのお手紙(平成28年 11月)

患者さんからのお手紙

不妊症 患者からの出産報告掲示板

R・Oさん 32歳(初診時) リウマチ、子宮筋腫術後の不妊、瘀血とガス腹を改善し自然妊娠

寺師先生、スタッフの皆様へ

ご無沙汰しています。お元気でしょうか。今夏無事男の子を出産しました。通院中は大変お世話になり、ありがとうございました。

初めてそちらに伺ったのは2年前の秋、結婚して4年目のことでした。私は極度の冷え性と、持病のリウマチ、二度の子宮筋腫の手術も経験しており、もしかして子どもは望めないんではないかという漠然とした不安がありましたが、漢方なら身体にあう、自分にあうのではと思い通院を決めました。

毎日薬を煮詰めることにも慣れ、1年が経った頃、一度も妊娠のきざしが見られないことに不安を覚えた私は先生に、「そろそろ本格的なクリニックに通おうと思います」と言うと、「来年の春頃にはそれも良いかもね。前よりお腹もよくなってきているからね」というようなお言葉をいただきました。そこでそのつもりでいましたら、年明けに妊娠が発覚しました。とても驚き、嬉しかったのをおぼえています。

妊娠してからはつわりや出産後は子育てと、その時その時の大変さはありますが、子どもは可愛く、我が子を抱く幸せを感じます。通院中は生理のくる度に辛い気持ちになりましたが、銀座をブラブラしたり美味しいものを食べたりすることで楽しくもありました。何より先生やスタッフの方々の優しさがあったからこそ通い続けられたと思っています。

これからも沢山の女性の希望の光であり続けてください。

本当にありがとうございました。


─この方への治療─


結婚歴4年3ヵ月。リウマチの持病あり。腹腔鏡下での子宮筋腫手術を2回経験している。筋腫がまたできる前に子どもがほしいと来院された。体力に自信がなく、胃腸が弱く寒がりで冷え性。生理は順調。身長158cm、体重48kg。食欲は普通、湯水は6~7杯ほど。便通は3日に1回と便秘気味。小水1日6回。

腹診により、まず当帰四逆湯および折衝飲を投与。3ヵ月服用後には腹部のガス及び瘀血の改善がみられた。引き続き同2処方を投与。半年ほど服用した翌年4月には瘀血および腹部のガスはほぼ改善され、当帰芍薬散料及び温経湯に変方。腹部の固さが取れお腹が良くなった頃に妊娠する人が多いので、タイミングの取り方を話し、胃の調子なども考慮して安中散も投与。約1年2ヵ月の服用にて自然妊娠。妊娠後は流産予防の芎帰膠艾湯およびつわり止めの小半夏加茯苓湯を服用。順調に経過し無事男児を出産された。


お手紙 一覧を見る