1.母体づくりについて

漢方の不妊治療とは子宮・卵巣を赤ちゃんのできやすい環境にすること。要するに母体づくりにあります。肥満気味の人は体重を減らし、余分な脂肪を取り、瘀血をなくすこと。体内に余分な水分の多い人は、水分代謝をよくすること。逆に胃腸が弱く体重の少ない人は、胃腸を強くし、体重を増やし、お腹をふっくらさせ、子宮・卵巣に栄養をつけること。冷えの強い人は冷えを治すことにより温かい子宮・卵巣を作り、本来の自分のホルモン・バランスにしていくこと。このような母体づくりが大切です。冷えや瘀血の蓄積や、冷えた脂肪のつきすぎのままでは、いくら西洋医学的治療(ホルモン治療・人工授精・体外受精等)を試みてもなかなか妊娠するのは難しいと思われます。妊娠し、出産まであいだ維持できるお腹、お腹の中で赤ちゃんをはぐくみ育てることのできる母体づくりが重要なのです。

2.妊娠へのアプローチ

自然妊娠!それが最良の方法だと思います。
しかし、漢方も万能ではありません。漢方薬を長期服用してもやはり妊娠しない人もいます。ある人は卵管が閉塞したり、またある人は夫の精子の問題で体外受精もしくは顕微授精でしか赤ちゃんができない人もいます。このような場合、西洋医学的アプローチも必要になります。
赤ちゃんを授かるためには漢方治療・西洋医学的治療・鍼灸・気功など様々なアプローチがあります。
でも大事なことは母体があっての子宮・卵巣なのだということです。赤ちゃんは子宮・卵巣だけで産むものではありません。体全体で産むものです。冷えや瘀血の体質を改善し母体づくりができて初めて妊娠へのアプローチができるのです。
漢方治療は、その母体づくりとして最良の方法であると当診療所は考えています。

院長  寺師 碩甫