漢方で*赤ちゃん迎える院長blog

新型コロナウイルスワクチン接種について

先日、2回目の新型コロナウイルスワクチン接種を無事に終えてきました。2回目は副反応のが強いと多方面から聞き及んでいましたので、接種直後からアセトアミノフェン200mgを2時間置きに3回程服用してか❔❔、接種部位の肩の軽い腫れ以外は発熱・頭痛・倦怠感等の副反応はありませんでした。(歳のせいもあると思いますが┅) ところで、最近、何人かの患者さんから “ワクチン接種をどうするかで迷っている“ と質問さ […]

表面の冷えと内面(深部)の冷え-7~ハイボールがお好きですか❔❔

このblogは、去年の冬に書いたものですが、今回の外面の冷えと内面の冷えのまとめに良いので、加筆修正してアップしてみました。 ハイボール、alcoholのソーダ割は、お好きでしょうか?? ただ “美味しい“と言いながら飲んでいると、知らない内に体を冷し、ますます子宮・卵巣を冷やします、よ。 最近、患者さんとalcoholの話をしている中で、ソーダ割りが好きな人が多いのに気づきました。 ウヰスキーな […]

表面の冷えと内面(深部)の冷え-6~ホットヨガが苦手

以前から、患者さんによく聞かれます。『ホットヨガは、妊活に良いのでしょうか??』 私も、無酸素運動や有酸素運動を含め、運動は妊活のためにも必要なので積極的に勧めています。特にインナーマッスル、要するに体幹部の大きな筋肉を鍛えることは、代謝を高め脂肪燃焼率を上げ、効率よくダイエットや体重管理ができるものと考えています。筋肉はそれ自体が熱を発生し、運動する時はより熱を発生するので冷えの改善につながりま […]

表面の冷えと内面(深部)の冷え-5~体の芯の冷えを治して妊娠力を高めることが大切

前回までは、冷えのぼせの症状で 寝相が悪い。口乾・口渇や睡眠中手足が火照る。“自分が暑がりか寒がりか分からない”などの話をしました。 ただし、冷えのぼせの状態には個人により程度の差があるので、全ての症状が現れる訳でもありません。また『上熱下寒(じょうねつかかん)』という言葉が漢方にはあります。人間の身体は暖かいものは上に向かい、冷たいものは下に向かうという意味です。特に実熱以上に虚熱ではその傾向が […]

表面の冷えと内面(深部)の冷え-4~体の芯の冷えの治して妊娠力を高めることが大切

寝相と虛熱の関係の話の続きです。 以前、診察していた時に寝相の話し始めたら、患者さんの旦那さんが『私はベッドの下で寝ます』と云う人がいました。理由を聞いたら、奥様の手足が飛んできて安眠できないと┅奥様は隣ですまなそう顔をしていました。なかなか自分の寝相の悪さは気付かないものです。 その後、奥様に六味丸地黄丸を服用してもらい、この“冷えのぼせ“は改善しました。今は一緒に寝ているそうです。そりゃ、不妊 […]

表面の冷えと内面(深部)の冷え-3~体の芯の冷えを治して妊娠力を高めることが大切

外面の冷えと内面(深部)の冷え。内面の冷えから生じるる熱は虛熱です。ただし虛熱といえども熱ですから、熱は軽い空気ように上に昇る性質があります。上半身が暖まりやすいのはこのためです。冷たい空気は重いので下るのと逆です。クーラーなどで足元が冷えるのはこのためです。この様な状態を漢方では『上熱下寒(ジョウネツカカン)』といいます。 上半身に昇った熱は喉に留まり喉を渇かし(口渇~コウカツ)、冷たい飲み物や […]

表面の冷えと内面(深部)の冷え-2~体の芯の冷えを治して妊娠力を高めることが大切

ある新婚💕🏠️💑💕家庭の冬の風景┅ 寒い冬の朝の外出時。足には厚手の靴下を履き手には手袋。厚手のコートを羽織り首にはマフラーを巻く奥様。そんな様子を見て冬でも薄着の旦那様、『そんな着込んで。本当にキミは寒がりだなぁ~。冷え性だネ。』と。 外から帰ると、家が寒いので直ぐに暖房を付け部屋を暖める。ごく当然のことです┅。しかし、暫くして部屋がそう暖まらない内に、足元はまだ冷たいままだが上半身が熱くなり、 […]

表面の冷えと内面(深部)の冷え-1~体の芯の冷えを治して妊娠力を高めることが大切

今年も、やっと冬が終わり春になりました。と云うか少し暑いくらいですね 。もうすぐ5月ですからしかたないかぁ~。 (私も、先々週から仕事前のコーヒーをホットからアイスに変えました。でも昼間は暑くでも朝晩はまだまだ寒い日も┅) ところで、今年の冬を振り返えると寒暖差の激しい不安定な冬でした。たとえば1日の中では朝晩と昼との温度差が激しく、1日の気温の差が軽く倍くらい違う日が何日もあり今でもそうです ( […]

赤ちゃんを迎えやすい母体作りのために

漢方不妊治療の立場から言えば、勿論、自然妊娠が一番だと思います。しかし、高度生殖医療技術(薬剤・受精技術・培養技術・凍結技術等々)の進歩もあり高度生殖医療での妊娠も選択肢の一つと考えています。ただ、昨今の高度生殖医療の妊娠率などの伸び悩みの状態をみると、高度生殖医療とは違う型のアプローチを考える必要があると思います。妊娠するのは生身の人間の体です。自然妊娠するくらいの~赤ちゃんを迎えやすい体の状態 […]

天気頭痛~五苓散&半白天麻湯

今回のblogは、前回の続きのはずでしたが、 患者さんが、診察中にテレビで “今年は天候不順で雨や曇りが多く『天気頭痛』の人が多い“ との話しをしていたとのこと。『天気頭痛』?? でも、良く聞いてみると漢方ではいう『水毒(スイドク)もしくは水滞(スイタイ)』のことでした。えっ、ン、そんなのは、3000年前の昔から、漢方界では有名な事柄┅ ということで、今回は『天気頭痛』の話しをblogに書くことに […]