漢方で*赤ちゃん迎える院長blog

MONTH

2018年5月

頭痛・生理痛・便秘を改善し妊娠しやすい母体へ

日々の診察のなかで思うのは、不妊症の患者さんには、頭痛、生理痛、便秘を訴える患者さんが実に多いということです。婦人科系の三大症状といえばこの三つになると思います。漢方的にいえば、その病態とは診察の時にいつも話している冷えと瘀血と水毒です。 本来、漢方の治療では、冷えている体には体を温める薬を投与し、熱している体には体を冷やす薬を投与して身体の体温バランスを整えます。水毒で水の溢れた体には、水気をさ […]

妊娠しやすいお腹・妊娠しにくいお腹

昔から、日本漢方は腹診をとても大切にしてきました。何故なら、今のように検査医学が進んでいない世界では、患者さん自ら発する病的な状態を、医師が自らの五感で受け取めるしか無かったのです。 体の中の臓器がが弱まると表面の皮膚や筋肉が反応して、体を守ろうとして緊張し堅くなります。要するに、体の防衛反応です。それを捉えていくのが腹診です。 今でも漢方の診察においては、体の健康状態及び病的状態の指標となる腹診 […]