漢方で*赤ちゃん迎える院長blog

新型コロナ対策&妊活としてのミトコンドリアをふやすスロースクワット-1~免疫力upのために❗         

去年の末のblogで、冷えの改善のために、ミトコンドリアを増やす「wideスロースクワット」を勧めました。この頃は巷のテレビでも、新型コロナウイルス対策の一環として、免疫力upのために“筋トレ💪をしましょう”がよく流れます。自粛ムードやStayHome🏠の流れの中では、家に居ることも多く運動不足になりがちですから、とても良いことだと思います。

“うつらない・うつさない”健康な体を作るためにも、“運動をしましょう”の流れは、自らの『健康管理*改革』を意識する点からしても、とても良い動きだと思います。運動としては、ジョギング、ウオーキングなどの有酸素運動も大切ですが、女性には人気のない無酸素運動の筋トレ💪系も健康を維持する上で大事です。それと同時に、筋肉量を増やし体の代謝率を高めるので、体重を維持する上でも筋トレはとても大事になります~勿論、ダイエット効果もあります🤗

最近はテレワークなどにより在宅勤務の人が増え、それに連れて体重が増えた患者さんが多く見受けられます。通勤時間がなくなり、スポーツジムも閉まり運動不足気味。家に居るとお菓子をついつまむ。この三拍子が揃えば、体重も増えますよ(^_^;)ね。そのためには、脂肪燃焼効率の高いミトコンドリアを増やす「スロースクワット」は最適といえます。

筋トレ→筋肉量up→熱量up→体力up→免疫力up→新型コロナウイルス撃退の流れ┅、なる程と、、うなづけるパターンです。熱産生の60%は筋肉で作られ、また体温の40%が筋肉で作られますから、筋肉量が増え体を温める筋トレ💪は本当に大切です。

体温が1度下がれば免疫力は30%減り、基礎代謝率は12%下がるといわれています(~病気なりやすく、太りやすいということ~)。これを真っ向から否定する人もいますが┅。人間の体は、生命を維持するために様々な代謝(化学反応)の上になりたっています。それは食事から得た栄養を生きて行くためのエネルギーに変える必要があるからです。

得られたエネルギーの30%は基礎代謝〈心臓・呼吸器・消化器などで行われる生命維持に必要な働き〉と生活代謝〈日常生活の動き〉に使われ、残りの70%は熱に変換され体温の維持に使われます。その代謝のための最適体温は「36.5度~37度」とされています。

また免疫を司る白血球 (好中球・好酸球・好塩基球・マクロファージ・NK細胞など〈体内に侵入したウイルスや細菌から身を守る兵隊💂さん〉)の働きも、この「36.5度~37度」の温度が最も最適とされています。それゆえに体温が下がれば免疫力が低下するのは当然です。そして近年は食事(冷たい飲み物・食べ物など)、生活環境(薄着・夏のクーラーなど)、運動不足(筋肉量低下)の影響で、平均体温が「36.1度前後」まで下がっています。さらに、この体温の低下は妊活(受精→妊娠→出産)にも多いに関係します。

不妊症の患者さん(自然妊娠、高度成生殖医療どちらにしても)、冷え性の患者さんが多いように思われます。体が冷えれば、体の細胞の多くは機能が低下します。特に、子宮・卵巣の機能は明らかに低下します (睾丸は、温まると機能が低下しますが┅)。冷えれば卵巣の機能が低下し(量の減少は年齢でしかたありませんが┅) 卵子の質がますます低下します。子宮内膜も薄くなり着床が難しくなり妊娠の継続も難しくなります。

続きは、“新型コロナ対策&妊活としてのスロースクワットの勧めー2”に┅