CATEGORY

未分類

えっ、閉経😭⁉️今年の秋は、生理不順の人が多い┅

久し振りにblogをupします。 今年は、年明け直ぐからの新型コロナウイルス騒ぎ。 それから┅、 「新型コロナウイルス~致死率は低いが感染力が高いのが問題」 「新型コロナウイルスと自己免疫力Up~ 自らの『健康管理改革』へ」 「新型コロナウイルスと自らの健康管理改革~ 妊活にもつながる道」 「新型コロナ対策&妊活としてのミトコンドリアをふやすスロースクワット-1~免疫力upのために」 「新 […]

新型コロナを含めて、今後も出現するであろう新型ウイルスに対する免疫力Upのための漢方補剤の活用~未病を治す―3~帰脾湯・桂姜棗草黄辛附湯

『風邪は万病のもと』と昔からと言われています。しかし、以前より日本では風邪を甘く見る風潮がありました。風邪を引かないための普段からの養生が大切ですが、それを甘く見る風潮が社会に限らず個人にもあります。また、それは日本社会に限らず欧米社会でも同じことであり、新型コロナウイルスが世界中に蔓延した一つの要因になっているとも思います。 昨今では、「新型ウイルスとの共存を図る」と言われていますが、今までの人 […]

新型コロナを含めて、今後も出現するであろう新型ウイルスに対する免疫力Upのための漢方補剤の活用~未病を治す―2~十全大補湯・補中益気湯

今回の新型コロナウイルスに対して、中国では「清肺排毒湯(セイハイハイドクトウ)」という新しい処方が作られました。この処方は傷寒論(ショウカンロン)、金匱要略(キンキヨウリャク)中の、「小柴胡湯(ショウサイコトウ)」、「麻杏甘石湯(マキョウカンセキトウ)』、「五苓散(ゴレイサン)」、「射麻黄湯(ヤカンマオウトウ)」という処方に山薬(サンヤク)、霍香(カッコウ)などを加味して成り立っています。 傷 […]

新型コロナを含めて、今後も出現するであろう新型ウイルスに対する免疫力Upのための漢方補剤の活用~未病を治す―1~清肺排毒湯

有史以前より、 ”人類の歴史が細菌もしくはウイルスとの戦い” であるということは、歴史のこれまでの様々な事象からみても自明の理です。そしてこの戦いの歴史は、人類が続く限り未来永劫続く事象であるとも思います。ウイルスは変幻自在に変化します。今回の新型コロナウイルスに対する薬剤やワクチンが開発されたとしても、近い将来、新手の新型ウイルスが必ずや出現するでしょう。 昨今では、「withコロナ~新型ウイル […]

新型コロナウイルスと自らの健康管理改革~ 妊活にもつながる道

前回のblogにも書いたように、今回の新型コロナウイルス問題は、最後はウイルスと個人個人の戦いであり、個人個人がウイルスと一対一で向き合うしかありません。大きな流れの渦に巻き込まれないように、個人個人の小さな頑張りが大事だと思います。 自らの”健康管理”に気を配り自己の免疫力を高め、ウイルスに感染しない、感染しても軽症ですむような自己免疫力を高める体作りが大事です。そのため […]

新型コロナウイルスと自己免疫力Up~自らの『健康管理改革』へ-2

これまでも、人類は新型ウイルスに対峙した時に、それに対する自然免疫を持っておらず、圧倒的に不利な状況に追い込まれました。それは過去の事例が物語っています。スペイン風邪しかり、香港風邪しかり、アジア風邪しかり、SARS、MERSしかり、新型インフルエンザしかり、そして今回の新型コロナウイルスしかりです。 しかし、人間はその時代に即した知恵と叡智、そして医療技術を振り絞り、それぞれの戦いに挑み克服して […]

新型コロナウイルスと自己免疫力Up~自らの『健康管理改革』へ-1

コロナウイルスは、もともと冬の風邪の15~20%を占めていています。昔からの冬の風邪の常連であり古株でもあります。このコロナウイルスには6種類あり、普段から日常的に感染するのは4種類。あとの2種類が2002年に発生したSARS(重症急性呼吸器症候群)と2012年に発生したMERS(中東呼吸器症候群)です。 今回の新型コロナウイルス、確かに少し遺伝子が変異して新型ですが元々がコロナウイルスです。多く […]

新型コロナウイルス~致死率は低いが感染力が高いのが問題

1)  なぜ新型コロナウイルスは怖いのか 致死率は低いが感染力が高いのが問題のが問題 個人個人でみれば、新型コロナウイルスはさほど怖い存在ではありませんが、日本全体、世界全体ではとても怖い存在です。 新型コロナウイルスの問題は、致死率は低いが感染力が高いということです。現時点では、新型コロナウイルスに対する免疫を日本に限らず世界中の多くの人が持っていません。そのために地球規模で感染が広が […]